スポンサードリンク

AIR MAX 96

エアマックス96の広告
ナイキのエアマックス95が爆発的な人気を誇り「エアマックス狩り」という社会問題にまでなり、リーボックのインスタポンプフューリーはプレミア価格で10万円を超えるような時代。
そんなハイテクスニーカーブーム真っ只中の1996年にエアマックス95の後継機としてリリースされたのがエアマックス96です。
「ダサい!」という声もあるようですが、ハイテクブームの影響もありリリース当初からプレミア価格が付きました。

1996年といえばアトランタオリンピックが開催された年。
広告にはアメリカ陸上競技界の英雄マイケル・ジョンソンが採用され、エアマックス96はアトランタオリンピック開催前に発表されました。
競技中は金色のナイキのスパイクが印象的だったマイケル・ジョンソンもレースの前後はエアマックス96を履いていたのかもしれません。

エアマックス96

ティアドロップのようなアッパー部分のデザインは海の波からインスピレーションを受け、プレミアムレザーとメッシュ素材が融合されています。
エアマックス95同様ヒールのビジブルエアユニットは3つのエアチャンバーに分割、中央の気圧は5psiと低く、両サイドの気圧を25psiと高くなっていてクッショニングと安定性を両立。
エアマックス96ではエアチャンバーの形を見直し、自然な足の動きができるように再設計されています。

ウィメンズモデルは青でした。
凄く懐かしい!

エアマックス96レディ
1996年は名作と言われるバッシュが何足も誕生した年です。
代表的なバッシュはナイキのZOOM FLIGHT 96、AIR PENNY2、MORE UPTEMPO、リーボックのQUESTIONです。

エアマックス95やポンプフューリーの爆発的な人気と、ペニー2やモアアップテンポの登場でエアマックス96は当時あまり目立たないスニーカーだったかもしれません。

AIR MAX 96 II

何年か前までこのスニーカーはAIR MAX 97だと思っていましたが、これは「エアマックス96 2」 というモデルでした。

当時は簡単にググったりできなかったし、田舎に住む僕の情報源は兄が買ってくるファッション誌のみ。スニーカーの本当のモデル名もわかりませんでした。
幼馴染のゆきや君が履いていたのを思い出します。

エアマックス96ii

スポンサードリンク

AIR MAX 96 復刻

ナイキファンが待ちに待った復刻です!
エアマックス96の発売20周年を記念してリリースされた「AIR MAX 96 XX(ダブルエックス)」
エアマックスシリーズは周期的に復刻されることが多いのですが、エアマックス96が復刻されたのは初めて。
NIKELAB(ナイキラボ)からリリースのAIR MAX 96 XXはアッパーのオリジナルカラーはそのままにウルトラソールを搭載。ソール部分が軽量化され履き心地がアップデートされています。

エアマックス96xx
AirMax96xxdark

AIR MAX 96 II 復刻

エアマックス96 2も発売20周年を記念してリリースされました。その名も「AIR MAX 96 II XX」。
こちらもナイキラボから登場、ウルトラソール搭載です。
エアマックス96iixx