スポンサードリンク

エアマックス180

ナイキのエアマックス180
エアマックス180が最初にリリースされたのは1991年。
開発当初、今までよりもエアを露出させることが目標だったエアマックス180。
馬蹄にインスピレーションを得たデザイナーたちは、かかとの周りを囲むような180度のビジブルエアを開発。
エアマックス180は特徴的なこの180度のビジブルエアクッショニングを初めて搭載したモデルとして有名な名作です。
デザインはナイキデザインのパイオニア2人。
AIR FORCE 1を開発した「ブルース・キルゴア」とエアマックスシリーズの生みの親「ティンカー・ハットフィールド」による共同開発です。

AIR MAX 180が発売された1991年はAIR MAX 4が発売された年、AIR MAX 180は発売当初 AIR 180 と呼ばれていて AIR MAX とは違うラインでの扱いでした。
だからエアマックス180には「AIR MAX」の文字がありません。
その代わりシュータンとヒール部分に「180」の文字がデザインされています。

エアマックス180のマーク

エアユニットは前年発売のエアマックス90より50%増量。
ウレタン製のクリアソールとなった全く新しい180度ビジブルエアユニットはエア部分が地面と直接触れるようになった初めてのデザインです。
このソールの一部だけクリアな感じがたまらなくかっこいいです。

エアマックス180のソールと踵

エアマックス180はクリアソールだけでなくシュータンにも注目です。
シュータンには伸縮性の高い素材が採用され足の形に合わせてサポートするようなフィッティング感を実現、ハラチシリーズに似た作りですね。
見た目はネオプレンのようですが、ネオプレン素材では無いようです。

AIR MAX 180 復刻

エアマックス180
復刻モデルでエアマックスシリーズに仲間入り。
名前もAIR MAX 180に変更されました。

2018年の”AIR MAX DAY”に合わせて復刻されていますが、その他にも復刻されています。
今これ履きたい!

スポンサードリンク

AIR MAX 180 CDG

2016年6月のパリコレクションで初お披露目されたCOMME des GARCONS HOMME PLUS(コム・デ・ギャルソン オムプリュス)とのコラボレーションモデル。
2018年にリリースされ、3色がラインナップされショッキングピンクが基調のデザインです。

これ買えませんでした。。物凄くかっこいいですよね!

ギャルソンのエアマックス180

AIR MAX 180 iD

NIKE IDのエアマックス180

NIKEiDでエアマックス180作れましたが、残念ながら今はありません。
今作れるなら確実にショッキングピンクとブラックで作ります!

スポンサードリンク

AIR MAX 180を買う