スポンサードリンク

ティム・ハーダウェイ

ナイキの広告 ティム・ハーダウェイ

ティム・ハーダウェイ(Tim Hardaway) 1966年9月1日生まれ。アメリカの元バスケットボール選手。イリノイ州シカゴ出身。
NBAのゴールデンステート・ウォリアーズ、マイアミ・ヒート、ダラス・マーベリックス、デンバー・ナゲッツ、インディアナ・ペイサーズでプレイ。
183cmと小柄ながら「キラークロスオーバー」と呼ばれるドリブルを武器に、超攻撃型ポイントガードとして活躍。
2000年のシドニーオリンピックではアメリカ代表の一員として金メダルを獲得。NBAオールスターには5度選出されました。

ティム・ハーダウェイのマイアミ・ヒート時代の背番号10はヒートの永久欠番になっています。
今ではティム・ハーダウェイの息子 ティム・ハーダウェイ・ジュニア もNBAで活躍しています。

RUN-TMC

ドラフト14位で加入したゴールデンステート・ウォリアーズではチームメイトのミッチ・リッチモンド、クリス・マリンと共に得点を量産。
Tim Hardaway、Mitch Richmond、Chris Mullinの3人はそれぞれの頭文字から当時人気のあったミュージシャン「RUN-DMC」をもじって「RUN-TMC」と呼ばれていました。

ちなみにクリス・マリンは1992年アトランタ、ミッチ・リッチモンドは1996年アトランタ、ティム・ハーダウェイは2000年シドニーオリンピックで金メダルを獲得しています。

RUN-TMCの動画はこれがいいかな

スポンサードリンク

キラークロスオーバー

ティム・ハーダウェイといえば「キラークロスオーバー」と言われるくらい有名。
股の下を通すドリブルで相手を左右に揺さぶり相手を抜き去ります。
そのドリブルがあまりに高速なので相手がわかっていたとしても止めることができません。
説明が難しいのでティム・ハーダウェイの代名詞「キラークロスオーバー」をご覧ください。

AIR ZOOM T-BUG FLIGHT

ナイキからリリースされたティム・ハーダウェイのシグニチャーモデル「AIR ZOOM T-BUG FLIGHT」。
ティム・ハーダウェイはパット・ライリー監督率いるマイアミ・ヒートでアロンゾ・モーニングやジャマール・マッシュバーン等と共に活躍。
その時キラークロスオーバーの足元を支えたのがこのナイキのバッシュです。

アッパー部分にはファスナーが着いていて、その中にシューレースがあります。
黒と白の2色展開。

ティムハーダウェイのバッシュ
ティムハーダウェイのバッシュ黒と白