スポンサードリンク

ヴィンス・カーター

ナイキショックスの広告

ヴィンス・カーターの本名はヴィンセント・ラマー・カーター(Vincent Lamar Carter )、1977年1月26日生まれ。
アメリカ合衆国フロリダ州出身のバスケットボール選手。ポジションは主にシューティングガード。
1998年のNBAドラフトでゴールデンステート・ウォリアーズが全体5位で指名、即座にアントワン・ジェイミソンとのトレードでトロント・ラプターズへ入団。
ルーキーイヤーから大活躍し、新人王を獲得、NBAオールルーキーチームの1stチームに選出されています。

カーターが初めてダンクをしたのは中学1年生の時、身長は既に173cmに達していました。
高校ではバスケットボールと共にバレーボールをしていました。
バスケットではフロリダ州のミスターバスケットボールに選出、バレーボールではアメリカ代表候補に選ばれる程の実力を持っていましたが、カーターが選んだのはバスケットでした。
大学は神様マイケル・ジョーダンの母校、バスケの名門ノースカロライナ大学に進学。大学時代はアントワン・ジェイミソンらとプレイしました。

これまでカーターはトロント・ラプターズ、ニュージャージー・ネッツ、オーランド・マジック、フェニックス・サンズ、ダラス・マーベリックス、メンフィス・グリズリーズ、アトランタ・ホークスでプレイ。
現在もアトランタ・ホークスに所属し、今でもリーグ屈指のスラムダンカーとして高い人気を誇ります。

とにかく歴代最高峰のダンカーのダンクをどうぞ!

カーターはダンク以外も見た方がいい!

ダンクコンテスト

カーターのプロ入り2年目、00-01シーズン、2000年オールスターゲーム前日のNBAオールスター・スラムダンクコンテスト。
このダンクコンテストでの優勝。全米を驚愕させ、スラムダンカーの象徴となりました。

実家の居間でBS放送を観ていたのを思い出します。
想像を超えたダンクが本当に凄くて、興奮したのを覚えています。

シドニーオリンピック

2000年シドニーオリンピックではトム・ググリオッタの代打でドリームチームに選出、大活躍し金メダル獲得をします。
フランス戦でカーターが215cmの相手選手を飛び越えて決めたダンクシュートは永遠に語り継がれることになるかもしれません。

カーターのオリンピックでのダンク

SHOX BB4

2000年リリース ショックスBB4
シグニチャーモデルではありませんが、このバッシュといえばヴィンス・カーターです。
2018年に復刻され、カーターが着用しています。
選手としての寿命の長さに驚かされます。

ナイキのショックスbb4
ショックスbb4のカラバリ

スポンサードリンク

SHOX VC

2001年にリリースされた最初のシグニチャーモデル

ショックスのカーター

SHOX VC 2

2002年にリリースのショックスVC2

ショックスのカーター2

スポンサードリンク

SHOX VC 3

2003年にリリースのショックスVC3

ショックスのカーター3

SHOX VC 4

2004年にリリースのショックスVC4
ショックスとズームエアの両方が搭載されています。

ショックスのカーター4

スポンサードリンク

SHOX VC 5

2005年にリリースのショックスVC5
このバッシュもショックスとズームエアの両方を搭載

ショックスのカーター5