スポンサードリンク

STAN SMITH

スタンスミスのイメージ
Stan Smith(スタン・スミス)1946年12月14日生まれ。アメリカ・カリフォルニア州出身の元テニス選手。
1960年代後半から1970年代前半にかけてアメリカを代表するテニス選手として活躍、国民的英雄でした。
プロテニス選手としてシングルス39勝、ダブルス61勝を挙げ、通算100勝を記録。
引退後はテニスコーチとして腕を振るい、1987年には国際テニス殿堂入りも果たしています。

スタンスミス

スタンスミス
1971年にアディダスからリリースされたスタンスミス。
意外と知らない人も多いようですが、スタンスミスはテニスシューズです。
スタンスミスさんというテニス選手のシグニチャーモデルということです。

シュータン部分にある顔のプリントはスタンスミスさんです。

スタンスミスは1991年の段階で2200万足の販売数を記録。
ギネスブックにも「世界で一番売れたスニーカー」として認定されています。
ギネスはコンバースのオールスターかと思っていたのですが、違いました。

確かにスタンスミス履いている人はいっぱいいます。
やはり緑が定番ですが、黒、白、赤、ネイビーをよく見掛けます。
履きやすいのはもちろん、シンプルなデザインで種類もたくさん、コーディネートも簡単。誰でも履けるからカップルでも、親子でもお揃いで履いているの姿を見ることも少なくないです。

ハイレット

アディダスのハイレット
スタンスミスがリリースされる7年前の1964年、スタンスミスの原型となる「ハイレット」がアディダスからリリースされます。
ハイレットはフランス人テニス選手のロバート・ハイレットのシグネチャーモデルとして発売。
1963年に行われたテニス全仏大会におけるハイレット選手の活躍記念し、「ハイレット」がリリースされました。

ハイレットの引退後、その「ハイレット」を愛用し、大活躍していたスタンスミス選手とアディダスが契約、スニーカーの名前を現在の「スタンスミス」に改名、彼のイラストとサインを入れて発売しました。

スポンサードリンク

ベルクロ

ベルクロタイプのスタンスミス。
マジックテープのビリビリという音が苦手な人は履けませんね。
ベルクロタイプのスタンスミス

ブースト

ブースト仕様のスタンスミス。
見た目では分かりにくいですが、さりげなくブーストの履き心地がプラスされています。履いてみたいです。
ブースト仕様のスタンスミス

スポンサードリンク

ゴアテックス

STAN SMITH GTXはGORE-TEX仕様で完全防水のスタンスミス。
雨の日でも気にせず履ける最高の1足!
防水のスタンスミス

ミュール

ミュールタイプのスタンスミス。
サッと履けて夏に良さそうな1足です。

スタンスミス ミュール

スポンサードリンク

コラボレーション

世界中で定番となったスタンスミス。
有名ブランドとのコラボモデルも数多くリリースされています。

ラフシモンズ

ファッションブランド「RAF SIMONS」とのコラボモデル。
シュータンにラフシモンズ自身の顔がプリントされています。
かなりお洒落です。
ラフシモンズのスタンスミス

吉田カバン

ポーターで有名な吉田カバン創業80周年を記念して発売されたスタンスミス。
大人な雰囲気です。
吉田カバンのスタンスミス

ステラマッカートニー

生涯ベジタリアンで、自身のブランド「STELLA McCARTNEY」でもリアルレザーやファーを一切使用しないステラマッカートニー。
ステラマッカートニーのスタンスミスはベジタリアンレザーを使っているのが最大の特徴。
レザーを使用していないスタンスミスはアディダス史上初です。

ステラマッカートニーのスタンスミス

ヒューマンメイド

HUMAN MADEとのコラボモデル。ハートとアディダスの3ストライプがデザインされています。

ヒューマンメイドのスタンスミス

ファレル

NERDのメンバーでアーティストのPHARRELL WILLIAMSとのコラボモデル。
ファレルとアディダスは長くいい関係が続いているようで何度もリリースされています。

ファレルのスタンスミス

ドーバーストリートマーケット

DOVER STREET MARKETとのコラボモデル。
白も黒も両方欲しくなるシンプルなデザインです。
ドーバーストリートマーケットのスタンスミス

スタンスミスを買う