スポンサードリンク

FIVBワールドカップ

FIVBワールドカップ
FIVBワールドカップは国際バレーボール連盟(FIVB)が主催する大会。
オリンピック、世界選手権と並ぶ世界三大大会のひとつで4年に一度開催されます。

開催国の日本と、2018世界選手権の優勝国セルビアを含む世界のトップチームが集結、男女各12チームが総当たりで順位が決定。
前回のワールドカップバレーは2015年ででは日本女は木村沙織キャプテンを中心に、セルビア、ロシアなどの強豪と激闘の末5位でした。
今回のワールドカップバレー2019は10か月後に迫る2020東京オリンピックに向けた重要な大会です。
みんなで応援しましょう。

ウエーブライトニングZ5

軽さと一体フィットがもたらすクイックネスが、速攻プレーを強くする。
ミズノのウエーブライトニングZ5

より良いフィッティングを実現するメッシュ構造
エンジニアドメッシュ採用により、適度な柔らかさと激しいプレーに対応する硬さを両立。通気性もよく最高のパフォーマンスをサポートします。

ジャンプの最後までサポートする巻き上げソール
ラバーをつま先、親指部分まで高く巻き上げることにより、最後の蹴りだしまでしっかりと床を捉えることができ、力を逃すことなく、すばやい動きをサポートします。

15年間不動の軽量アウトソール
かかと部分のアウトソールにはEVAを用いることで軽量化を図りました。

よりスムーズな体重移動をサポートするラバー突起
かかと部分のラバー突起が、かかと接地からつま先のスムーズな体重移動をサポート。

MIZUNO WAVE
シューズにまず求められる機能であるクッション性と安定性。本来相反するといわれる、この二つの機能を両立させることは難しいことだとされてきました。クッション性を高めるためにミッドソールを柔らかくすると安定性が失われ、逆に硬くするとクッション性が損なわれます。ミズノはこの難題に取り組み、一枚の波を挟むという発想から“MIZUNO WAVE”を開発。その両立に成功しました

スポンサードリンク

ウエーブモーメンタム

高反発&安定着地ソールと柔らか密着フィットがジャンプモーションを、進化させる。
ミズノのウエーブモーメンタム

ジャンプ着地後の一歩をサポートするワイドソール
前足部の張り出しによってブロックやジャンプ時の左右のブレを抑え、安定感を生み出します。

助走からのスムーズな踏み込みを実現するかかと部
丸みを帯びたかかと形状にするとともに、屈曲ラインを配することで助走から踏み込み移る際、よりスムーズなかかとの接地をサポートします。

快適な履き心地を追求したアッパー
足全体を包み込み、より良いフィット感を目指したブーティー構造。コンフォートラストの採用で、フィット感がありながらも快適な履き心地をもたらします。

助走からジャンプへ力をシフトする2種類のミッドソール
内側にはクッション性の高いミッドソールで、踏み込み時の衝撃を吸収。外側には硬めのEVAミッドソールを用い、助走で溜めた力を外側へ逃すことなく、上方向へ蹴り出す力として活かします。

MIZUNO WAVE
シューズにまず求められる機能であるクッション性と安定性。本来相反するといわれる、この二つの機能を両立させることは難しいことだとされてきました。クッション性を高めるためにミッドソールを柔らかくすると安定性が失われ、逆に硬くするとクッション性が損なわれます。ミズノはこの難題に取り組み、一枚の波を挟むという発想から“MIZUNO WAVE”を開発。その両立に成功しました

ロイヤルフェニックス2

強靭なアッパーが横ずれを防ぎ、一瞬の反応をサポートするリベロ・セッター専用モデル。
ミズノのロイヤルフェニックス2

耐久性の高い素材で横ズレを抑える強靭アッパー
アッパー部に耐久性の高い素材を使用。 左右へ踏ん張りが効くので、横ズレを抑えることにより、瞬間的な反応をサポートします。

足でコートをつかむ感覚のフラットソール
あらゆる方向の動きに対応できるよう、コートを感じる薄底設計や、素足感覚を生む縦溝に加え、ソールをフラットにすることで、足全体でコートをしっかりつかむ感覚をもたらします。

前方への瞬間的な加速をサポートする屈曲溝
D-Flex Groove
アウトソール中足部の斜め方向の屈曲溝が、前方へ加速する際の足の蹴り出しをサポートします。

360°蹴り出しをサポートする拇指球デザイン
蹴り出しの際、もっとも力が入る拇指球に全方位への蹴り出しをサポートするソールデザインを採用しています。

スポンサードリンク

メンバー

FIVBワールドカップ2019のメンバーです。

中田 久美

  • 監督

古賀紗理那

  • 背番号 – 2
  • ポジション – アウトサイドヒッター
  • 所属 – NECレッドロケッツ
  • 生年月日 – 1996/07/25
  • 身長/体重 – 179cm/64kg
  • シューズ – ウエーブライトニングZ5

岩坂名奈

  • 背番号 – 3(主将)
  • ポジション – ミドルブロッカー
  • 所属 – 久光製薬スプリングス
  • 生年月日 – 1990/07/03
  • 身長/体重 – 187cm/75kg
  • シューズ – ウエーブモーメンタム

新鍋理沙

  • 背番号 – 4
  • ポジション – アウトサイドヒッター
  • 所属 – 久光製薬スプリングス
  • 生年月日 – 1990/07/11
  • 身長/体重 – 179cm/64kg
  • シューズ – サンダーブレード

荒木絵里香

  • 背番号 – 5
  • ポジション – ミドルブロッカー
  • 所属 – トヨタ車体クインシーズ
  • 生年月日 – 1984/08/03
  • 身長/体重 – 186cm/81kg
  • シューズ – ウエーブモーメンタム

宮下遥

  • 背番号 – 6
  • ポジション – セッター
  • 所属 – 岡山シーガルズ
  • 生年月日 – 1994/09/01
  • 身長/体重 – 177cm/61kg
  • シューズ – ウエーブライトニングZ5

石井 優希

  • 背番号 – 7
  • ポジション – アウトサイドヒッター
  • 所属 – 久光製薬スプリングス
  • 生年月日 – 1991/05/08
  • 身長/体重 – 180cm/68kg
  • シューズ – ウエーブライトニングZ5

鍋谷友理枝

  • 背番号 – 11
  • ポジション – アウトサイドヒッター
  • 所属 – デンソーエアリービーズ
  • 生年月日 – 1993/12/15
  • 身長/体重 – 176cm/55kg
  • シューズ – ウエーブライトニングZ5

佐藤 美弥

  • 背番号 – 12
  • ポジション – セッター
  • 所属 – 日立リヴァーレ
  • 生年月日 – 1990/03/07
  • 身長/体重 – 175cm/62kg
  • シューズ – ウエーブモーメンタム

奥村 麻依

  • 背番号 – 13
  • ポジション – ミドルブロッカー
  • 所属 – デンソーエアリービーズ
  • 生年月日 – 1990/10/31
  • 身長/体重 – 177cm/69kg
  • シューズ – ウエーブモーメンタム

小幡 真子

  • 背番号 – 14
  • ポジション – リベロ
  • 所属 – JTマーヴェラス
  • 生年月日 – 1992/08/15
  • 身長/体重 – 164cm/56kg
  • シューズ – ロイヤルフェニックス2

黒後 愛

  • 背番号 – 16
  • ポジション – アウトサイドヒッター
  • 所属 – 東レアローズ
  • 生年月日 – 1998/06/14
  • 身長/体重 – 180cm/69kg
  • シューズ – ウエーブライトニングZ5

山岸 あかね

  • 背番号 – 18
  • ポジション – リベロ
  • 所属 – 埼玉上尾メディックス
  • 生年月日 – 1991/01/08
  • 身長/体重 – 165cm/55kg
  • シューズ – ロイヤルフェニックス2

長内 美和子

  • 背番号 – 21
  • ポジション – アウトサイドヒッター
  • 所属 – 日立リヴァーレ
  • 生年月日 – 1997/07/19
  • 身長/体重 – 175cm/67kg
  • シューズ – ウエーブモーメンタム

芥川 愛加

  • 背番号 – 24
  • ポジション – ミドルブロッカー
  • 所属 – JTマーヴェラス
  • 生年月日 – 1991/04/03
  • 身長/体重 – 180cm/62kg
  • シューズ – ウエーブモーメンタム

石川真佑

  • 背番号 – 28
  • ポジション – アウトサイドヒッター
  • 所属 – 東レアローズ
  • 生年月日 – 2000/05/14
  • 身長/体重 – 173cm
  • シューズ – ウエーブライトニングZ5